住民の皆さんがようやく仕事が見つかった!といって先月報告にこられたのですが、、、

住民の皆さんがようやく仕事が見つかった!といって先月報告にこられたのですが、、、

西原の解体業者より
バットで打たれる真似で脅されたり、7時半から四時半までで
1日5000円から保険代といって
5日で20500円。
そこから、弁当代といわれ1日1000円の5000円を引かれ、、、

今月にいたっては
『お前に払う金はない!』といわれ
現場から徒歩で帰るよういわれ、
仕事も辞めルよう仕向けられ
給料未払でもうヤル気もなくなった。
お金がなく本当に食べるものも
買えないと昨日相談がありました。

組織が絡んでるという情報も出てきましたが
許せないので、そこへ同行しようと思います。
許せませんので、、、

この様な復興事業は
復興とはいえません。
当然、許されることでは無いと思います。

その方は、ご飯を持って帰るために
本部にてお手伝いをさせてくれと言われました。

そのお気持ちを頂くことにして
お手伝いをしていただきました。

本当に困っている方がいらっしゃいます。
家は一部損壊、地震を理由に仕事がなくなり

半年経ってようやく見つけた仕事。
もう、とてもお年をめしておられます。

それでも懸命にがんばろうとするその姿に
私達はまだまだ必要とされていると感じました。

このような相談がこれから増えてくるとおもいます。
自身が生きていくためのご飯だけを
持って帰られるその後ろ姿は
今の時代にあまりに切なく、
心が張り裂けるおもいでした。

解体業者さんが悪いとはいいません。
でも、地震から立ち上がろうとする
地域の皆さんの思いやもう一度やる!
負けない!という思いと一緒に
全てを壊して欲しくないです。

どうかこの様な事がなくなりますように。

私は屈しない。引きません。
こんな弱いものイヂメのような最低な行為が
あってはならない。

頑張ろうと努力するもの
頑張っているものを否定するもの

そんな世の中を許す、見過ごす日本に
明るい未来はない!!!!
これからも、IKIMASU.熊本は
地震から立ち会うとする方々の
小さいけど大きな1歩を共に進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です